私の職場では、社内で使う印刷物には、印刷に失敗した裏紙を率先して使うようにしています。

職場や学校が取り組んでいるエコ活動
職場や学校が取り組んでいるエコ活動

私の職場では

40歳 女性
私の職場では、社内で使う印刷物には、印刷に失敗した裏紙を率先して使うようにしています。これは新たな紙代の節約になり、ゴミになるはずのものが再度使われるのでエコになると思い取り組んでいます。
娘の高校では、計算用紙として教室に大量の裏紙を置いています。寮生の娘にとって、節約は自分の自由になるお金を生み出す大事な手段です。
ですから、この裏紙に穴を開けてひもで綴じたオリジナル計算用紙として、大切に使っています。分厚い計算用紙が薄くなっていくと、勉強したことを実感できるようです。
そしてまた新しい裏紙をもらい、好きな色のリボンで新しい計算用紙を作る時、「よしがんばるぞ」という気持ちになるそうです。

最近は100円均一でメモ帳やノートを安く買うことができます。
でも大量に計算したりテスト勉強でひたすら書いては捨てるという場合、裏紙計算用紙は経済的だしエコだと思います。たくさん教室に置いてくださっている担任の先生にも感謝しています。

Copyright (C)2017職場や学校が取り組んでいるエコ活動.All rights reserved.