この夏は計画停電なく過ごせるそうですが、これは決して日本に電力が有り余っているというわけではなく、職場や学校が取り組んでいる涙ぐましいエコ活動によって実現しているというこ

職場や学校が取り組んでいるエコ活動
職場や学校が取り組んでいるエコ活動

この夏は計画停電なく過ごせるそうですが

49歳 男性
この夏は計画停電なく過ごせるそうですが、これは決して日本に電力が有り余っているというわけではなく、職場や学校が取り組んでいる涙ぐましいエコ活動によって実現しているということを忘れてはなりません。
わが職場ではエアコンの設定温度が冬18℃、夏28℃に徹底されています。
その結果冬は恐ろしく寒く、厚着とカイロの携帯が必須となります。それでも肌が露出している部分、手指などは冷え続けるため、常にこすり合わせていなければなりません。18℃の温度設定では18℃にならず、外と変わらない環境条件下に置かれるのです。

夏は夏で灼熱の元での執務となり、朝からグロッキー状態になります。なまじっかエアコンがかかっているということで窓は閉めなければならず、風が通らないため室内は気温は低いかもしれませんが体感温度は外と同等以上になるのです。
これは他の職場でも同じようなものだと思います。客商売でも蛍光灯を取り外し、薄暗くなった店内では購買意欲も減退し売上に影響が出ていると思われますが、それでも節電に努めているのです。

Copyright (C)2017職場や学校が取り組んでいるエコ活動.All rights reserved.