田舎では小学校や中学校は地域の中心になっている場合が多くあります。

職場や学校が取り組んでいるエコ活動
職場や学校が取り組んでいるエコ活動

田舎では小学校や中学校は地域の中心になっている場合が多くあります

51歳 女性
田舎では小学校や中学校は地域の中心になっている場合が多くあります。
学校で取り組んでいることは地域全体が取り組むことも多く、学校でどのような取り組みをするかで地域の雰囲気も変わっていうことも十分あります。
地域の中心である小学校で現在取り組んでいるのが、不用になったものの廃品回収です。
リヤカーなどは学校で用意してくれますが、その他すべてのことは子供たちに任されています。地域の各家庭を回り、新聞や瓶など不用になったものを回収し、それを廃品回収業者に売却するのです。
子供たちを応援しようと、資源ごみをきちんと取っている家庭が多くなり、地域のエコにとてもプラスになっています。
売却代金は子供会のために使われるため、少しでも多くの不用品があつまるよう、地域の方々も工夫をしてくれています。
小学校の廃品回収の日に合わせて地域の清掃をすることで、放置されている廃品を集めるとともに、地域の美化にも役立っています。
子供の頃から、このように実践的にエコ活動をすることで、大人になっても簡単にゴミを放置するような大人にはならないでしょう。

Copyright (C)2017職場や学校が取り組んでいるエコ活動.All rights reserved.