子どもの小学校では、エコ活動として使い終わったカートリッジの回収をしています。

職場や学校が取り組んでいるエコ活動
職場や学校が取り組んでいるエコ活動

子どもの小学校では

40歳 女性
子どもの小学校では、エコ活動として使い終わったカートリッジの回収をしています。このカートリッジは回収業者に渡し、再利用されるそうです。
このほかペットボトルのキャップも回収しています。
緑のカーテンで教室の温度を下げるという取り組みで、ゴーヤを植えていました。
育ったゴーヤはほしい生徒に配っていました。
わが子も何本かもらってきたことがありました。

わが子の通っている学校は東日本大震災で学校が壊れてしまい、3年がかりで新しい校舎になりました。
その際、太陽光発電を取り入れ、発電をするようになりました。

地元の旬の食材を使った地産地消も、学校給食で取り組んでいるようです。
学校の給食でエコ活動を行ってもらえると、子どもも食に対する気持ちが変わるので、すごくいいことだと保護者としてありがたく思っています。
子どもと親が一緒になってエコ活動に参加できる環境があることが、ありがたいです。

Copyright (C)2017職場や学校が取り組んでいるエコ活動.All rights reserved.