学校で行っているエコ活動といえば、ペットボトルのふたの回収、そしてベルマークではないでしょうか。

職場や学校が取り組んでいるエコ活動
職場や学校が取り組んでいるエコ活動

学校で行っているエコ活動といえば

36歳 女性
学校で行っているエコ活動といえば、ペットボトルのふたの回収、そしてベルマークではないでしょうか。
ベルマークは一見見落としがちですが、こまめに袋や箱を見ているとわりとついているものが多く、子どもと一緒に集めています。それだけ多くの企業が協力してくれているのでしょうね。集めているうちに、自然と企業の名前を覚えていくようになりました。

プリンターのインクやお菓子の箱など、使うたび食べるたびにチェックして集めていると1年で結構なポイントになります。ベルマークで、さまざまなものを買う支援として役に立ってくれればと思います。
ペットボトルのふたの回収も、ごみの削減になるだけでなく、発展途上国の人たちのワクチンになるということで、子どもたちと一緒に捨てずに集めています。集めたふたを、学校に持っていくのがうれしいらしく、一生懸命集めています。
これからも、さまざまなエコ活動を通じ、子どもたちが成長するのを楽しみにしています。

注目情報

Copyright (C)2017職場や学校が取り組んでいるエコ活動.All rights reserved.